日本酒原価酒蔵とは?低価格で日本酒が飲める秘密に迫る

日本酒原価酒場

飲み放題で安価にアルコールが楽しめる店舗は数あれど、日本酒を原価で楽しめるとして口コミで人気に火が付いたのが日本酒原価酒蔵です。今回は、現在10店舗を展開する日本酒原価酒蔵の品揃えや安さ、人気の秘密に迫ります。

日本酒原価酒蔵とは?

日本酒原価酒蔵とは、2015年の4月に新橋に1号店にオープン。以来、価格破壊ともいえるほどリーズナブルな価格で日本酒を楽しめるとして、口コミで瞬く間に人気店となった居酒屋です。

中村雄斗氏が代表取締役を務め、多くの飲食店事業を手がけている株式会社クリエイティブプレイスによって運営されています。

現在、日本酒原価酒蔵は新宿の総本店を中心に展開しており、新宿東口・新橋・上野御徒町・錦糸町・神保町・神田・池袋・川崎・大宮に10店舗を構える人気店となっています。

リーズナブルな価格でプレミアムな日本酒が楽しめる

日本酒原価酒蔵のウリといえば、まさしく日本酒を原価で飲むことができる点でしょう。入館料として1人490円を支払えば、日本全国津々浦々から集められたプレミアムな有名銘柄も原価で飲むことができるシステムとなっています。

さらに、店舗によって扱っている日本酒が異なる点も魅力でしょう。現在は、新宿総本店・池袋店・上野御徒町店・新橋2号店・大宮店と、新宿東口店・錦糸町店・神保町店・神田店・川崎店の2パターンを用意。訪れた店舗で、全く異なる日本酒を味わうことが可能となっています。

そして、リストを見てみると驚かされるのが、その豊富な品揃えです。通販などで購入しようとすれば、1本3000~4000円するようなプレミアムな銘柄だけでなく、流通が限定されているような入手しにくい銘柄も。

日本酒原価酒場のメニュー

山口県の旭酒造株式会社が製造する「獺祭 純米大吟醸45」や福井県は黒龍酒造の「黒龍」、佐賀県の「鍋島」に新潟の「八海山」といった有名銘柄を中心に、幻とも言われる山形の「十四代」などなかなか手に入らないようなプレミアムな日本酒も原価で提供しています。

また、Google playとApple store両方で配信されている公式アプリを使うことで、よりお得に日本酒を楽しむこともできてしまいます。

ダウンロード後に会員登録をすれば、各種クーポンを使うことができます。公式アプリならではの予約のしやすさも魅力の1つ。オンラインショップで、こだわりの日本酒を購入することも可能です。

日本酒に合う豊富なメニューも自慢

日本酒原価酒蔵の自慢は日本酒の安さや品揃えだけではありません。おつまみとして提供している多彩なメニューも人気の秘密です。

香ばしさがたまらない「燻製合鴨の炙り(税込650円)」や「炙り〆鯖(税込870円)」、色々なチーズが味わえる「チーズ盛り合わせ(税込760円)」といった一品料理が、およそ50種類もラインナップしています。それらに加えて、日本酒原価酒蔵を楽しみ尽くせるコースを4つも用意しています。

さらに、コース料理の内容はそのままで、追加料金を支払えば飲み放題のコースをグレードアップさせることも可能なので、シーンに合わせてカスタマイズしやすいのも嬉しいポイントでしょう。

また、いつでも楽しめるメニュー意外に、期間限定で開催される食べ放題キャンペーンも。先日も、3日で2,000名予約の本格寿司食べ放題が開催されたばかり。「鮨一」や「鮨あさひ」といった本格高級寿司店を手がける運営ならではの企画です。

価格の安さとその秘密

くどいようですが、日本酒原価酒蔵では日本酒を原価で楽しむことができます。先に名前を挙げた日本酒を例に挙げてみるならば、「獺祭 純米大吟醸45」は税込320円、「黒龍」は税込270円、「鍋島」で税込260円、「八海山」税込360円、「十四代」でも税込270円といった具合なのです。

この低価格を可能にしているのが、徹底した人件費のカットです。一般的な居酒屋のように注文を受けた後、スタッフが日本酒の瓶を運んでグラスに注いでいたのでは余りにも非効率でしょう。

そこで、日本酒原価酒蔵ではオリジナルの一合瓶を作りました。瓶を直接お客の所まで運ぶのではなく、オリジナルの一合瓶に移し替えて運ぶことで、一度に多くの種類のオーダーにも対応できるようにしたのです。

また、地下に入居している店舗が多いのも賃料を下げる工夫なのだとか。徹底したコストカットの上に、日本酒の原価提供は成り立っているのです。

まとめ

日本各地の日本酒を、原価で楽しむことができるのが日本酒原価酒蔵です。お酒が進む豊富なおつまみに加え、イベント事に利用しやすい飲み放題やコース料理も揃えています。アプリを利用することで、より安くより快適にお店を利用することも可能です。日頃から日本酒を飲むという人にも、日本酒デビューしてみたいという人にもおすすめのお店です。

タグ: コラム