プレゼントにも最適!最高峰の日本酒がわかる!1万円以上の高級日本酒について

十四代

プレゼントにも最適!最高峰の日本酒がわかる!1万円以上の高級日本酒について
お祝いや記念日などの特別な日や日本酒好きな人への贈り物などに、普段はなかなか手が出しにくい高級日本酒を選んでみるのはいかがでしょうか?
1度は飲んでみたい!プレゼントしてみたい!でも高級日本酒の選び方がわからないという方は必見です。
今回は、通常飲んでいる日本酒と比べて価格が高くなる理由や入手方法などを踏まえて、おすすめな高級日本酒を厳選してご紹介します。

高級日本酒とは

高級日本酒の価格帯とは

スーパーやコンビニなどで販売されている日本酒は720mlの瓶入りのもので1000円〜2000円前後が一般的です。瓶ではなく紙パック素材になると1000円以下のものも多くあります。では、高級日本酒の価格帯とはどのくらいを指すのでしょうか?
高級日本酒とひと言でいっても人により感じ方はさまざまなため、一概にいくらとはいえません。普段よりちょっと贅沢に720mlの瓶入りのもので3000円以上のものから、1万円以上する特別な銘柄のものまで幅広く高級日本酒と位置づけられることが多いです。
ちなみに世界一高いといわれている、堀江酒場の造る「夢雀」750mlは日本酒史上最高の1本8万8000円で販売が開始されて話題を呼びました。ドバイや香港などの高級レストランでも、最高峰な日本酒として1本数十万円で提供されています。

夢雀 公式
https://mujaku.jp/order/

高級日本酒の価値は何で決まる?

原料にこだわりがある

高級日本酒は原料である米や水などに特別なものを使用することで価値が高くなります。特に東北など米の産地では原料にブランド米や雪解け水などからとれる地元の名水を使用する酒蔵も多いです。
例えば、高級日本酒として有名な山形の「十四代」は酒の種類により、山田錦という酒米の品種をはじめ、オリジナル酒米である酒未来などと地元の名水を原料として製造されています。
こうした蔵元こだわりの原料が高級日本酒にはよく見られます。

精米歩合に違いがある

精米歩合とは精米して削ったあとの米割合を%で表示したものをいいます。日本酒の原料として使われている米の精米歩合70%以下のお酒が一般的です。さらに大吟醸酒となると精米歩合50%以下、高級日本酒の中では精米歩合1%という驚きのお酒もあります。
精米歩合を高くする理由は米の表層部分にある栄養分を削るためです。この栄養分が多すぎると雑味が多くなり、日本酒の香りの質が落ちてしまう原因になります。
日本酒の良し悪しは精米歩合だけでは決まりませんが、精米歩合の高い日本酒は、米一粒あたりで使用できる部分が少ないことや米を削る手間をかけている分だけ価格が高くなるわけです。

熟成に手間をかける

通常日本酒は数ヶ月の熟成機関で出荷されることがほとんどですが、高級日本酒の中には1年以上の熟成期間を経て出荷される熟成酒もあります。年単位で熟成させることで酒質が落ち着き、独自の熟成香が生まれます。
熟成期間が長くなるということは日本酒を適温で長期間保管して置く貯蔵庫が必要です。そういったコストからも熟成酒は価格が高くなります。

この他にも、日本酒の絞り方などの技術や限定された出荷数などにより、日本酒の価値は上がり、価格が高くなります。

入手困難な高級日本酒の購入方法

酒屋に足を運んでもなかなか入手困難な高級日本酒は多くあります。ではどうしたら手に入るのでしょうか?
まず、そもそも市場に出回らない、地元でしか販売されていない高級日本酒も存在します。日本酒の酒蔵激戦区の東北などを観光で訪れた際には、そんな地酒をプレゼント用に購入すると喜ばれますね。
次に、特約店にのみ入荷する高級日本酒があります。この場合は入荷待ちでも予約できる場合は入荷するのを待てば購入できますが、幻の酒と有名な「磯自慢 純米大吟醸中取り35 adagio」や「十四代 純米大吟醸 白雲去来」など、そもそも個人や新規では購入が難しいお酒もあります。
また、ここまで希少価値が高くはなく、販売店で売り切れが続く場合には通信販売などネットで購入するのも一つの手です。しかしその際には本当に適正価格であるか、保存状態や品質に問題ないかなどチェックすると良いでしょう。

磯自慢 純米大吟醸中取り35 adagio 公式
http://www.isojiman-sake.jp/products

十四代 純米大吟醸 白雲去来 公式
https://www.yukinosake.com/06-juyondai/#hakuunkyorai

プレゼントにも最適な720ml!高級日本酒おすすめな銘柄6選

普段より贅沢に1万円以下の高級日本酒

久保田 万寿

久保田シリーズの最高峰であり、豊かな香りと深みのある味わいが人気な純米大吟醸酒。知名度も高く、比較的購入しやすい高級日本酒です。

飛露喜 純米大吟醸

甘みと辛みの両方がバランス良く感じられる、フルーティな吟醸香の品のある香りが特徴な福島県を代表する日本酒です。

越乃寒梅 大吟醸超特撰

酒米として有名な山田錦を精米歩合30%まで磨き、じっくりと低温発酵させています。淡い繊細な吟醸香が印象的です。

特別な日に飲みたい・贈りたい!1万円以上の高級日本酒

義侠 妙

精米歩合30%まで磨き上げ、絞りの際には最もきれいな酒質となる中取り部分のみ選別してます。5年以上の熟成期間を経て、さらに複数年異なる熟成酒をブレンドして造られた日本酒です。

仙禽 醸

異なる3種類の米を絶妙にブレンド、洋なしや桃のようなエレガントな香りが特徴です。「SAKE COMPETITION 2018」SUPER PREMIUM部門1位を受賞しました。

獺祭 磨きその先へ

安倍晋三元首相がバラク・オバマ前大統領が来日した際にプレゼントしたことでも有名なお酒です。日本酒好きなら人生の節目に1度は飲んでみたい高級日本酒です。

今回は高級日本酒について紹介しました。高級日本酒といっても普段より少し高いものからプレミアがついている手に入りにくいものまで幅広くあります。ちょっとした自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントなど、用途に応じて選んでみるのが良いですね。

タグ: コラム