日本酒を楽しむならカップ酒も見逃せない!おすすめのその理由とは

鬼太郎純吟

日本酒を楽しむなら、カップ酒もおすすめです。なぜなら、一合分という少ない容量でさまざまな銘柄を楽しむことができるうえ、現在ではデザインもかわいいものが増えているからです。これまでの日本酒のイメージがガラリと変わってしまうほど、カップ酒は魅力に溢れているのです。

カップ酒ってどんな日本酒?

カップ酒とは180ml、つまり一合分の日本酒をガラスの瓶に入れて販売されている日本酒のことです。

日本で初めてのカップ酒は、1964年に販売を開始した大関株式会社の『ワンカップ大関』です。現在でも、カップ酒と聞くとこの商品をイメージする人が多くいます。

このワンカップ大関は、当時開催直前だった東京オリンピックに向けて開発された商品であり、若者世代へ向けて開発されました。しかし、当時の常識では日本酒は徳利に移し替えて飲むのが多数派で、ガラス瓶から飲むのは受け入れられなかったといいます。

ですがその後、自動販売機で購入できるようにするなど販売形態を拡大、デザインの変更やラインナップの拡充によってロングセラー商品として確固たる地位を築き上げたのです。

そして、ワンカップは大関株式会社の商標となり、ワンカップ大関を生み出した大関株式会社の努力もあり、現在では日本酒を瓶詰にして販売するカップ酒が浸透。さまざまなメーカーが販売しており、幅広い層に受け入れられるようになっています。

カップ酒の魅力

カップ酒には、瓶に詰めて売られている日本酒にはない魅力が存在しています。ここでは、思わず手に取ってしまうようなカップ酒の魅力をお伝えします。

日本酒の飲み比べがしやすい

カップ酒が持つ1つ目の魅力が、さまざまな日本酒の飲み比べがしやすいという点です。なぜなら、前述したようにカップ酒は一合分の容量で販売されているものがほとんど。そのため、さまざまな銘柄の日本酒を少しづつ楽しむことができるのです。

もちろん、好きな銘柄がコレ!と決まっているのなら、一升瓶で購入した方がコストパフォーマンスに優れています。しかし、そうでなければ気分やセットとして楽しむおつまみによって飲む銘柄を変えることができるカップ酒の方が良いかもしれません。

また、飲み比べがしやすいということは日本酒初心者にもおすすめだといえます。多くの銘柄を飲むことでお気に入りの銘柄を探すことができる上、日本酒ごとの味の違いを知ることも出来てしまいます。シンプルに舌を肥やすことができるという面でも、カップ酒はおすすめです。

素敵なラベルデザインにも注目

飲み比べがしやすい他、注目したいのがカップ酒のラベルデザインです。日本酒の一般的なラベルデザインは日本酒の銘柄を漢字で入れたシンプルな物がほとんどです。

しかし、カップ酒のラベルデザインは各メーカーで非常にユニークなものばかり。中には、本当に日本酒なのか?と疑いたくなるほどかわいい物も存在しています。

例えば、静岡県の志太泉酒造が販売しているのが『にゃんかっぷ』です。ガラス瓶に『志太泉 純米吟醸八反35号』を詰めたこのカップ酒ですが、ラベルにはかわいい猫が描かれています。

エミリーザストレンジという絵本の登場人物をイメージして描かれたこの猫は、イラストレーターのCISAさんがデザインされたもの。詰められた日本酒同様、独特な個性のある見た目となっています。

また、鳥取県の千代むすび酒造が手がける『こなき純米 超辛口』もまた、個性的なラベルデザインがなされたカップ酒です。なんといっても目を引くのが、妖怪漫画の大家である水木しげる氏が描いた妖怪・こなきじじいです。これは、水木しげる氏の出身が鳥取県境港市であることに因んだもので、千代むすび酒造も同じく鳥取県境港市に籍を置いています。
こなきじじいデザインの他、『鬼太郎シリーズ』として商品化されており、鬼太郎・目玉おやじ・ネズミ男のデザインがセットになった『妖怪ワンカップ』セットなども販売されています。

カップ酒で試したいおすすめの飲み方

日本酒といえばさまざまな飲み方が可能ですが、カップ酒を飲む際のおすすめの飲み方といえば熱燗です。

なぜなら、瓶から徳利に移し替えて温める……という道具や手間いらずで、カップ酒は燗を付けることができるから。蓋を外してそのまま電子レンジで40秒から60秒くらい温めるだけで簡単に熱燗にすることができてしまうのです。

ひと手間加えるならば、蓋を外してラップを掛けたり、蓋を半分だけめくった状態でお湯で温めるのもおすすめです。こうすることにより、日本酒の爽やかな香りを残したままどぶ漬け燗にすることができます。

日本酒初心者から、上級者でも楽しめるのがカップ酒

さまざまな銘柄を試すことができ、ラベルデザインもかわいいカップ酒は家飲みにもぴったりな日本酒です。好きな銘柄を探したい日本酒初心者や、もちろん日本酒に飲みなれた上級者にもおすすめ。通販で取り寄せられる銘柄がほとんどなので、気になるカップ酒を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

タグ: コラム