【蔵開きの基礎知識を解説!】日本酒を一番新鮮なタイミングで飲む

この記事では、蔵開き(くらびらき)について詳しくご紹介します。
  • 蔵開きとは?
  • 蔵開きの時期はいつ頃?
  • 蔵開きの参加方法が知りたい!

日本酒好きなら一度は聞いたことのある単語ではないでしょうか?
でも、蔵開きの意味や時期がいま一つわかってないという方も多いのではないでしょうか。

蔵開きは、無事に新酒の仕込みが終わったことをお祝いするお祭りです。

蔵開きに参加する際の注意点もご紹介していますので、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。


蔵開きの意味・時期は?

日本の伝統行事でもある蔵開きですが、いつするものなのか。

結論を先にお伝えすると、一般的には1月11日が蔵開きをする日となっています。

お気づきの方もいらっしゃるのではと思いますが、蔵開きは鏡開きの日と同じ日に行われる行事なのです。

ここで鏡開きについても簡単に紹介していきます。

鏡開きは「松の内」が終わってから行います。松の内とは、鏡餅や門松(かどまつ)といったお正月飾りを飾っておく期間になります。

そして、年神さまにお供えした「おさがり」として、刃物を使うことなく鏡餅を手や木槌(きづち)で小さく分割して雑煮やぜんざいなどにしていただきます。

刃物を使わないのは、鏡餅が武家の文化だったことに由来しています。

神様に感謝しながら食べ、無病息災(むびょうそくさい)、長寿、家内安全などを祈ったとされています。

そして鏡開きと同じく 1月11日に行なわれたのが「蔵開き」です。

年末に閉じた蔵を新年になって初めて開ける日のことで、商売繁盛を祈願します。
こちらも鏡開きと同様に、鏡餅を割って食べたとされています。

どちらも新年に行う行事ですが、目的や由来が違うことを覚えておきましょう。

現在の蔵開きは1月11日とは限らず、その蔵によって蔵開きする時期は異なります。
中には秋に蔵開きをする酒造もあり、参加する際は事前に確認しましょう。

ただ江戸時代のルールが今でも習慣として残っているため、10月〜3月に蔵開きをする酒蔵が多い印象です。


蔵開きの魅力


普段は立ち入ることができない酒蔵を見学することができます。

ほとんど見ることができない、麹室やお酒を作っている工程をたどることができます。

見学中は酒蔵の方に質問できるのも嬉しいポイント。

気になったことはどんどん質問してみましょう!

酒蔵見学はまるで自分が「日本酒になった気分」になれます。

そして目玉は、「しぼりたての新酒」が飲めることです。

蔵のタンクから直接注がれる、酵母が生きたままの生酒を飲むことができます。

まさに蔵開きの醍醐味とも言えます。



蔵開きの参加方法

蔵開きの参加は、基本的に事前予約制になります。

日程が決まっている酒蔵がほとんどのため、必ず見学の日程・時間・人数を確認して予約しましょう。

忙しい蔵の場合見学を行っていないこともありますので、事前に確認必須です。

合わせて交通機関の確認もしておきましょう!

ただ、2022年の蔵開きは新型コロナウイルスの流行の影響もあり、自粛している蔵もあります。

「2022年は蔵開きに参加はできないの?」

と思われる方も多いかもしれませんが、多くの酒蔵では「オンライン蔵開き」を実施しています。

酒蔵のホームページなどで「2022年 蔵開きセット」や「蔵開き限定セット」といった商品が購入できるようになっています。

商品内容は「お酒」と「動画サイトのURL」が入っています。

その動画をみながら自宅でお酒を楽しむことができる内容です。

実際に蔵開きに行くのが難しい方や初めての方も気軽に参加できますね。


蔵開きに行く前に必ず知っておきたい5つのポイント!


  1. 泥酔しない
  2. 納豆NG
  3. 動きやすい服装
  4. 酒蔵見学は、安全第一
  5. 交通機関を利用しましょう!


5つのポイントと合わせて、案内役の言われてたこと、マナーを守って気持ちよく蔵見学をしましょう!


①泥酔しない


泥酔しないためにも「お水」を飲みましょう。

お水を飲むことで肝臓のアルコール分解を助けてくれます。

「酒ときどき、お水」を心がけましょう。

蔵によってはお水を用意してくれているので活用しましょう!


②納豆NG


納豆の菌は非常に生命力が強く、最悪はタンクの中で一緒に発酵し日本酒が駄目になってしまいます。

蔵人はお酒の仕込み期間中、納豆を食べないと言われるほど。

その他にヨーグルト、香水、みかん、漬物なども蔵の見学当日は控えましょう。


③動きやすい服装

試飲やおつまみを食べるため、両手が空く動きやすい格好が理想です。

また蔵内は滑りやすいため、スニーカーなどの滑りにくい靴を選びましょう。

お土産でお酒を持ち帰るためリュックを使うと便利です。


④酒蔵見学は、安全第一


濡れた床やホースなど転倒する危険な箇所もあります。

タンクを見ることもできますが、覗く除く際は携帯などの物を落とさないように注意してください。

お酒が駄目になってしまいます。


⑤交通機関を利用しましょう!

お酒を飲む方は必ず、公共の交通機関を利用もしくは、お酒を飲まない方に車を運転してもらいましょう。



蔵開きで普段は味わえない日本酒を楽しもう!

蔵開きは江戸時代から伝わる日本の伝統行事です。

蔵開きは普段体験できない蔵の中を見学できるだけでなく、その年の新酒を堪能することができる一大イベントです。

日本酒が好きな人は、気になっている酒蔵の蔵開き情報をチェックしておきましょう。

参加される際には、マナーを守って気持ちよく蔵開き体験をしましょう!

タグ: コラム