日本酒一合の量はおちょこだと何杯分?1日に飲んでいい量やカロリーを調査!

私たちにとって馴染み深い日本酒。

仲間や親戚などで集まった際に振る舞われることがありますね。

ついつい、断り切れず注がれるだけ飲んでしまった・・・という経験はありませんか?

飲む量には気をつけているんだけど、注がれるとわからなくなるんだよね・・・という方もいらっしゃるかもしれません。

お酒はおいしいけれど、飲み過ぎると身体を壊してしまいますよね。

本記事では、日本酒一合はおちょこにすると何杯分なのかを調べるとともに、1日に飲んでも問題ない量とカロリーについてもお伝えします。

これを読めば自分の飲んだ量が把握でき、日本酒を健康的に楽しむことができますよ!

 

日本酒一合の量はおちょこだと何杯分?

健康的に飲むためにはまず、お酒の容量の単位について知っておく必要があります。

日本酒一合は180ml

日本酒一合は180mlです。

日本酒はお米でつくられているので、お米と同じ単位「合」で表されます。

お米の単位は他にもありますが、よく使われるものだと「升(しょう)」や「勺(しゃく)」があり、それぞれ10倍で単位がひとつあがります。

 

単位

一升

一合

一勺

容量

1800ml(1.8l)

180ml

18ml

 

つまり一升瓶(いっしょうびん)には10合入っているということになります。

 

日本酒一合はおちょこだと4~5杯程度

一般的に居酒屋や家庭で使われるおちょこは二勺~二勺半(36ml~45ml)のものが多いです。

したがって、二勺のおちょこだと5杯、二勺半のおちょこだと4杯という計算になります。

【注意!】徳利によって違う「一合」の量

ここまで日本酒の量について説明しましたが、じつは徳利によって一合の量は違います。

実際に居酒屋などのお店では、150ml程度しか入らない徳利を使うこともあります。

「でもメニューには『一合』って書いてあるじゃないか!」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 

そうですよね。180mlだと思ってしまいますよね。

じつはお店のメニューに書いてある「一合」は「一合徳利」のことなんです。

では、どうやって飲む量を知ればいいのかというと、店員さんに聞くのが確実です。

もし、「聞けそうにない…」という場合でも180mlかどうか知る方法があります!

それは「正一合(しょういちごう)」という表記です。

正一合は、正しく一合分のお酒を入れているという意味です。

お店を選ぶ際は、メニューに「正一合」や「一合(180ml)」など、はっきりと容量を記載しているかどうかを確認しましょう。

 

1日に飲んでいい量はどのくらい?

では実際に、どのくらいまでなら1日に飲んでも問題ないのか見ていきましょう。

以下の2つの点について解説していきます。

 ・カロリー

・日本酒は太るのか

 

日本酒のカロリー

種類によって違いはありますが、100gで100kcal前後。

一合180mlで約180kcalです。

容量と同じ数字なので覚えやすいですね!

おちょこ1杯だと40kcal前後になります。

おちょこでちびちび飲むことを考えれば、それほど高くないことがわかります。

 

日本酒は太るのか

さらに、じつはお酒に含まれるカロリーは「エンプティカロリー」といって、真っ先に放出されるエネルギーなのです。

お酒を飲むと顔が赤くなるのはこういった理由からなんですね。

つまり、お酒のカロリーは体内に蓄積されないのです。

アルコールによって血糖値が下がり、食べ過ぎてしまうことが太る原因です。

食べるものには気をつけましょうね。

 

適量は1日一合

日本酒自体が太るものではないとはいえ、アルコールの摂取には気をつけなければなりません。

厚生労働省が提示している「節度ある適度な飲酒量」の1日平均アルコール量は約20g。

これを日本酒に換算すると、適量は成人男性で1日一合、女性ならその2/3とされています。

 

日本酒一合の量はおちょこだと何杯分?1日に飲んでいい量やカロリーを調査!【まとめ】

今回は、日本酒の容量やカロリーについてお伝えしました。

 ・一合は180mlでおちょこだと4~5杯分

・日本酒のカロリーはそれほど高くないが、食事には気をつけよう

・1日に飲んでいい量は一合

上記のことに気をつけながら、日本酒を楽しみたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タグ: コラム