秋田県の日本酒「まんさくの花」の特徴とは?名前の由来も紹介

この記事では、秋田の日本酒「まんさくの花」について詳しくご紹介します!

この記事でわかること

  • 「まんさくの花」の入手方法
  • 名前の由来
  • 評判と、人気の理由
  • 「まんさくの花」シリーズのおすすめ商品5選

「まんさくの花」を飲んでみたいという方は、ぜひ記事を読んでみてくださいね。

 

「まんさくの花」の入手方法

蔵元直売所

「まんさくの花」の蔵元である、日の丸醸造株式会社の直売所で直接購入が可能です。

直売所では、試飲ができたり、蔵元限定商品・季節限定商品も購入できますよ。

また、毎月第一土曜日と日曜日に「お客様感謝デー」を開催しています。

感謝デー限定で、日本酒の量り売りもしてくれるのだそうです。

https://hinomaru-sake.com/kurashop

ホームページのオンラインショップ

日の丸醸造は、ホームページが充実しています。

「日本酒ファンを増やしたい」

「ひとりでも多くの人に日本酒へ興味を持ってもらいたい」

との思いから、オンライン販売にも力を入れているそうです。

https://shopping.hinomaru-sake.com/

全国の販売店

ホームページから、都道府県別・商品別に販売店の検索ができます。

お近くの販売店を探してみてくださいね。

https://hinomaru-sake.com/storesearch

 

「まんさくの花」の名前の由来

「まんさくの花」の名前由来は、実はNHKの連続テレビ小説のタイトルだそうです。

1981年(昭和56年)に放映された「まんさくの花」が、地元・秋田県横田市を舞台にしたドラマであったことから、名付けられました。

また、秋田ではまんさくの花が春を告げる花としてなじみ深く、先代の蔵元も、雪深いなか春一番に咲くまんさくの花に、とても愛着があったということです。

 

「まんさくの花」が人気を集めた理由

 

きっかけ

「まんさくの花」が全国から注目を集めるきっかけとなったのは、「ラベル」だそうです。

「ひらがな」かつ、筆で書いたような「墨文字」のラベルは、当時珍しく話題になったのだとか。

また、首都圏で積極的なPR活動をしたことも、ブランド名を全国に広める要因になりました。

 

酒造りのこだわり

現在の杜氏・高橋良治さんは全国新酒鑑評会で連続金賞受賞の実力ある大ベテラン。

弱軟水の奥羽山脈からの雪解け水で仕込み、搾った酒はタンクではなく、1本ずつ瓶で低温熟成させるこだわりようです。

手造りを意識した酒造りを徹底しているのですね。

 

多数のラインナップ

「まんさくの花」ブランドには、多くの種類があります。なんと、毎年約50種類ものお酒が、リリースされているんです。

しかも、同じ銘柄が毎年造られるとは限らないという、「一期一会」のお酒でもあります。

 

「まんさくの花」のおすすめ5選

まんさくの花ブランドのおすすめを5本、ご紹介します。

 

「まんさくの花」 生モト純米 真人(まなびと)

 

「まんさくの花」のスタンダード酒です。

「真人」には、蔵の地元にある「真人山」と「日本酒を真に愛する」との思いが込められているそうです。

蜂蜜を思わせる甘い香り。

やわらかな酸味があり、ふくよかでありながらキレのよさも併せ持っています。

食中酒にぴったりです。

 

アルコール度数

16度

日本酒度

±0

精米歩合

55%

原料米

秋田県産米

おすすめの飲み方

冷やして、ぬる燗で

容量

720ml

税込価格

1,430円



純米大吟醸「まんさくの花」

 

蔵元が「当社の代表銘柄」と謳う、「まんさくの花」のリリース当初から造られているお酒です。

りんごのような、フルーティーな香り。

綺麗で優しい味わいを追求した作りで、すっきりとしていながらお米の旨味が芯にあり、絶妙なバランスを感じられる味わいです。

 

アルコール度数

15度

日本酒度

±0

精米歩合

45%

原料米

山田錦、秋田県産米

おすすめの飲み方

冷やして、常温で

容量

720ml

税込価格

2,800円



「まんさくの花」 純米吟醸 MK-Z

 

独自の原料米「日の丸」を使用し、焼酎用の麹を使って個性ある味わいに仕上げています。

他にはない、面白味のある酸味を表現したユニークなお酒。

ジビエなどのお肉料理とのペアリングが最高!

ぜひ、ワイングラスで飲んでみてください。

 

アルコール度数

16度

日本酒度

‐4

精米歩合

50%

原料米

兵庫県産山田錦、秋田県産日の丸

おすすめの飲み方

冷やして

容量

720ml

税込価格

1,782円



「まんさくの花」 スパークリング ブリュット

 

社長が、甘口の「スパークリング ドルチェ」を気に入り、次は辛口を、と造られたスパークリング日本酒。

香りは爽やかで、バランスの良い酸味があります。

しっかりとした味わいの洋食に合う深みのある味わい。

ガス圧が強いので、吹き出しにご注意を。

よく冷やし、少しずつキャップを動かしながら開封してくださいね。

 

アルコール度数

16度

日本酒度

+7

精米歩合

55%

原料米

秋田県産米

おすすめの飲み方

よく冷やして

容量

720ml

税込価格

1,900円



「まんさくの花」 超限定 純米大吟醸原酒 低温瓶囲(白)

 

年に一度蔵出しとなるのが、【超限定】シリーズです。

まんさくの花ブランドの中でも、とっておきのお酒にだけ冠されます。

小仕込みで低温瓶貯蔵をしたこちらのお酒は、穏やかな香りとスッキリとした上品な味わいが特徴です。

ただ優しく華やかなだけではなく、品格までも感じられる逸品です。

 

アルコール度数

16度

日本酒度

+2

精米歩合

45%

原料米

山田錦、酒こまち

おすすめの飲み方

よく冷やして

容量

720ml

税込価格

1,980円

 

「まんさくの花」をぜひ飲んでみよう!

「まんさくの花」は、蔵元の直売所やオンラインショップ、または全国の販売店で購入できます。

飽きのこない優しい味わいの、まんさくの花。

日本酒ファンをひとりでも多く増やしたいという思いから、一期一会のお酒をリリースしているのですね。

そんな「まんさくの花」を、ぜひお試しください。

タグ: 銘柄紹介