吟醸ブーム全盛!「吟醸蔵」と名高い宮城の日本酒「浦霞」を紹介

華やかでフルーティな日本酒が好みの方に人気の銘酒「浦霞」。

スッキリとした純米吟醸が特に人気があります。

日本酒に苦手意識がある人でも、「浦霞なら飲める!」という人が多いのだそうです。

この記事では、

  • 「浦霞」の購入方法
  • 「吟醸蔵」と呼ばれるようになった理由
  • 利き酒師が選ぶ、「浦霞」のおすすめ商品5選

をお伝えします。

「浦霞」を飲んでみたいという方や、宮城のお土産に買ってみようかなと考えている方は、ぜひ最後まで読んで下さいね。


「浦霞」の購入方法

「浦霞」の購入方法をご紹介します。

1.直販ショップで購入

「浦霞」の蔵元(株式会社 佐浦)は、直販ショップ「酒ギャラリー」を運営しています。

こちらでは、宮城県内限定商品や、季節限定商品を含む幅広いラインナップが購入可能。

日本酒の販売だけでなく、「きき酒コーナー」や「酒器コーナー」もあり、宮城や地元塩竈の魅力を楽しめます。

(※現在は感染症対策のため、きき酒コーナーは中止しています。再開は酒ギャラリーにお問い合わせください)

https://www.urakasumi.com/gallery/

 

2.公式オンラインショップで購入

宮城県まで出向くのが難しい方は、オンラインショップで購入できます。

オンラインショップでももちろん、県内限定商品を含む「浦霞」各種が購入可能となっています!

https://e-urakasumi.com/

 

3.全国の販売店で購入

全国にある「浦霞」の販売店でも購入が可能です。

ネット購入できる販売店もありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

https://www.urakasumi.com/tayori/2020/09/post-697.html

 

「浦霞」の読み方と名前の由来


「浦霞」の読み方は、「うらかすみ」。

蔵元が造るほとんど全てのお酒に使われている、ブランド名です。

「浦霞」は、源実朝が詠んだ短歌に由来しているそう。

「塩竈の 浦の松風 霞むなり 八十島かけて 春や立つらむ」~金槐和歌集 源実朝~

塩竃の浦に霞がかかった、優しくて美しい春の景色を表現した短歌とのことです。

 

「浦霞」の蔵元

「浦霞」は、宮城県塩竃市にある、創業1724年の株式会社 佐浦(さうら)が醸す日本酒。

現在佐浦では、江戸時代から大正時代にかけて建てられた本社蔵と、1994年から稼働している矢本蔵とで酒造りをしています。

各蔵とも、「クラシックでエレガント」なお酒を目指しているとのこと。

米どころでもある、地元・宮城県産のお米を使うことにこだわっています。


蔵元が生んだ「きょうかい12号酵母」とは

「きょうかい12号酵母」は「浦霞」の蔵元で誕生した酵母です。

昭和30年代に、「浦霞の酒はイチゴの香りがする」と評判になり、「浦霞」の吟醸造りが一躍注目を浴びることになったそうです。

その後、昭和40年ごろに吟醸醪から酵母を分離させたものが「きょうかい12号酵母」です。

始めは県内の蔵元に、その後は全国の蔵元に頒布されました。

次第に酵母の品質が変化し、「きょうかい12号酵母」は使用されなくなったそうですが、積み重ねてきた経験と技術で令和に復活。

吟醸酒ブームの今、日本酒ファンの熱い視線を浴びています。


「浦霞」のおすすめ商品5選

純米吟醸「浦霞」禅


「浦霞」を代表する、誕生から約50年のロングセラー商品。

メロンのような吟醸香が立ち、フレッシュなのにふくよかさもあるお酒です。

 

アルコール度数

15~16度

日本酒度

+1~+2

精米歩合

50%

原料米

山田錦、トヨニシキ

おすすめの飲み方

冷やして、ぬる燗で

容量

720ml

税込価格

2,376円



純米吟醸「浦霞」No.12 


「きょうかい12号酵母」を使用。

爽やかな香りが印象的で、酸味が心地良く、キレのある後口が特徴です。

 

アルコール度数

15~16度

日本酒度

+2~+3

精米歩合

55%

原料米

蔵の華

おすすめの飲み方

よく冷やして

容量

720ml

税込価格

1,760円



山廃純米大吟醸「浦霞」ひらの


「きょうかい12号酵母」の誕生に貢献した、今は亡き名杜氏の名前が付けられた特別なお酒です。

完熟したメロンのように華やかな吟醸香としっかりとした酸味があります。

米の旨味の余韻が素晴らしいお酒です。

IWC(インターナショナルワインチャレンジ)で、2018年・2020年・2021年に入賞を果たしました。

 

アルコール度数

17度

日本酒度

+1~+2

精米歩合

40%

原料米

山田錦

おすすめの飲み方

冷やして

容量

720ml

税込価格

5,808円


「浦霞」純米酒


お米の旨味と酸味のバランスが良く、後味はスッキリ。

スペインやアメリカのコンクールで受賞歴があります。

2022年「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」メイン部門で金賞を受賞しました。


アルコール度数

15~16度

日本酒度

+1~+2

精米歩合

65%

原料米

まなむすめ

おすすめの飲み方

冷やして、お燗で

容量

720ml

税込価格

1,320円



「浦霞」だて正夢 特別純米酒


宮城県内限定商品。

「だて正夢」は、宮城県の新しい食用ブランド米です。

香りがとても爽やかで、口に含むと旨味を伴う心地よい酸味が広がります。


アルコール度数

15~16度

日本酒度

+2

精米歩合

60%

原料米

だて正夢

おすすめの飲み方

冷やして、ぬる燗で

容量

720ml

税込価格

1,760円




まとめ

吟醸酒ブームの中、フルーティで華やかなお酒が好きな人に人気の日本酒「浦霞」。

直営ショップ「酒ギャラリー」や、県内外などの販売店で購入できます。

「クラシックでエレガント」なお酒を目指していて、「きょうかい12号酵母」発祥の蔵という伝統を大切にしながらも、新たなチャレンジを続けている蔵元です。

ぜひ、吟醸蔵と名高い「浦霞」の純米吟醸酒を味わってみてはいかがでしょうか。

タグ: 銘柄紹介