火事からの復活を応援しよう!日本酒「結ゆい」が買える取扱店とおすすめ5選

「結ゆい」は、茨城県にある「結城酒造」が醸す日本酒です。

蔵元と結婚し、酒造りに魅せられた美智子さんが造った日本酒で、着実にファンを増やしてきました。

2017年には、「結ゆい」の純米大吟醸が、全国新酒鑑評会で金賞を受賞し、人気は全国区に。

ところが、2022年5月、火災により2棟あった酒蔵が全焼し、現在は酒造りが困難な状況です。

この記事では、「結城酒造」の一日も早い復興を祈りながら、「結ゆい」の魅力や取扱店についてご紹介します。

 

「結ゆい」誕生ストーリー

「結ゆい」を製造しているのは茨城県結城市にある「結城酒造」です。

もともとは代々受け継がれてきた「富久福(ふくふく)」が代表銘柄でした。

現在の社長・浦里昌明さんの奥様である美智子さんが、酒造りに魅せられ新銘柄として立ち上げたのが「結ゆい」です。

美智子さんは酒造りに関しては素人でしたが、懸命に勉強を重ね、1年目から素晴らしい日本酒ができ、評判が評判を呼びました。

「結ゆい」はわずか3年で、首都圏での人気を獲得しました。

常陸杜氏の第一号にも認証され、2022年2月には全国新酒鑑評会で再び金賞受賞の快挙を成し遂げました。

 

火事にあった「結城酒造」

着実にファンを増やしていった「結ゆい」でしたが、2022年5月の火災により2棟の酒蔵が全焼。

現在は、なんとか被害を免れた数千本の日本酒を全国の販売店に出荷する作業を行っています。

最新情報によれば、今期、美智子さんは北海道の「三千櫻酒造」で蔵人として働くことが決まったそうです。

「結ゆい」銘柄も2種類造らせてもらえるのだとか。早ければ年内にリリースできるかもしれないそうです。

とても楽しみですね!

 

「結ゆい」の取扱店・販売店

「結ゆい」はどこで購入できるのでしょうか?取扱店を調べました。

 結ゆいが買えるお店

結ゆいは、そのほとんどが酒店に卸されています。

販売店はコチラ → 結城酒造株式会社公式サイト 結ゆいが買えるお店

大手スーパーなど大型の小売店での取り扱いはほとんどなく、公式が発表しているなかでは東京都の東武百貨店池袋店のみでした。

出荷された日本酒には限りがありますので、事前にお店に在庫があるか確認してから行くことをおすすめします。

結ゆいが飲めるお店

結ゆいは関東を中心に、数多くの飲食店でも提供されています。

関東以外では、北海道と愛知県に2軒ずつでした。

お近くに立ち寄った際はぜひ訪れてみてくださいね。

提供店はコチラ → 結城酒造公式サイト 結ゆいが飲めるお店


「結ゆい」のおすすめ商品5選

 「結ゆい 純米大吟醸 金賞受賞酒」

華やかなライチのような香りとあとから広がるほのかな甘味が特徴です。

酒造好適米として有名な雄町で造られていますが、2017年の受賞当時、雄町の純米造りでの受賞は全国初だったそうです。


原料米

赤磐雄町米(特等)

精米歩合

38%

参考価格

720ml:6,600円(税込)

1800ml:12,100円(税込)


「結ゆい 純米吟醸 雄町」

こちらも岡山県産の雄町を原料米として造った日本酒です。

杜氏の美智子さんが初めて一本まるごと1人で造り上げた商品だそう。

しっかりとした旨味と甘味が感じられ、「結ゆい」シリーズの看板商品になりました。


原料米

雄町(岡山県産無農薬栽培)

精米歩合

50%

参考価格

720ml:2,200円(税込)

1800ml:4,400円(税込)


「結ゆい 純米吟醸 山田錦」

同じ純米吟醸でも、こちらは山田錦を使用しています。

爽やかな香りとすっきりやわらかな口当たりの、きれいな純米吟醸です。


原料米

山田錦

精米歩合

50%

参考価格

720ml:1,980円(税込)

1800ml:3,960円(税込)


「結ゆい 特別純米 きたしずく 亀口直汲み無濾過生原酒」

北海道でいま大注目の好適米「きたしずく」を吟醸造りで醸し、亀口から直接瓶詰めした生原酒。

一口めは軽やかな旨味、後から繊細な酸が感じられ、口中に爽やかな味わいが広がります。


原料米

きたしずく

精米歩合

60%

参考価格

720ml:1,540円(税込)

1800ml:3080円(税込)


「結ゆい 純米吟醸 まっしぐら 亀口直汲み無濾過生原酒」

青森県産の「まっしぐら」を吟醸造りで醸し、亀口から直接瓶詰めした生原酒。

ほのかな香りとやさしい口当たりのお酒です。「まっしぐら」の芳醇な旨味が感じられます。


原料米

まっしぐら

精米歩合

50%

参考価格

720ml:1,650円(税込)
1800ml:3,300円(税込)


「結ゆい」を美味しく飲んで「結城酒造」を応援しよう

今回は、火災にあった結城酒造の代表銘柄「結ゆい」をご紹介しました。

私たちが直接復興のお手伝いをすることはできませんが、お酒を美味しく飲むことが蔵元を応援することですよね。

日本酒ファンとして、ぜひ一度飲んでいただきたいお酒です。
タグ: 銘柄紹介