若い人にこそ飲んでほしい!人気沸騰中の日本酒「AKABU(赤武)」を徹底調査!

赤い兜が印象的なボトルの日本酒「AKABU」。

 

近年、昔からの日本酒ファンだけでなく、これまで日本酒に親しみがなかった若い人にも、絶大な人気を誇っています。

この記事では、そんな大人気銘酒「AKABU」について詳しくご紹介します。

ぜひ最後までお読みください。

赤武酒造

赤武酒造は、1896年より岩手県大槌町で「浜娘」を中心に酒造りをしてきた歴史ある蔵元です。

東日本大震災で壊滅的な被害を受け、全てを失った状態から、2013年に盛岡に移転し復活蔵を建設したことから、「復活の蔵」とも呼ばれています。

 

若き蔵元

東京農業大学時代に、利き酒チャンピオンに選ばれた6代目蔵元・古舘龍之介氏。

22歳という若さで、2014年12月から再起をかけて「AKABU」を造りました。

若手社員が手がけたというラベルの赤い兜は、とても印象的です。

銘柄としてのキャリアは浅いものの、地方の酒鑑評会や全国新酒鑑評会でも受賞経験がある実力派です。



蔵元の思い

東日本大震災後の2013年に盛岡に移転した時、赤武酒造は、若手中心で未経験者が多かったそうです。

新進気悦の6代目を中心に、ゼロから勉強を重ね、妥協しない酒造りを目指しています。

「自分達のような若い世代にも、日本酒をかっこよく美味しく飲んでほしい!」

という思いを込めて、お酒を醸しているそうです。


「AKABU」の種類

「AKABU」には、オール岩手産の銘柄や、他県の酒造好適米を使用した銘柄まで、幅広いラインナップがあります。

ここでは、4つのシリーズと特徴を紹介します。


①AKABU Standard

酒米と酵母、仕込み水すべてを岩手県産にこだわり、他の地域では味わえない魅力が詰まっているのがAKABU Standard。

岩手県の酒造好適米「吟ぎんが」を使用しています。

AKABU Standardシリーズには、

「純米吟醸」

「純米酒」

「F」

があります。


「F」は(For you あなたのために)という意味。日々美味しく飲める日本酒を、という思いが込められた商品だそうです。

プレゼントにもぴったりですね!


②AKABU  Elegance

AKABU Eleganceで使用される酒米は4種類あります。

  • 岩手県産 結の香
  • 兵庫県産 山田錦
  • 兵庫県産 愛山
  • 岡山県産 雄町

生酒バージョンと火入れバージョンの2種類があり、生酒バージョンは「NEW BORN(ニュー ボーン)」と名付けられています。

中でも結の香(ゆいのか)は、お米由来の甘さとマスカットやライチのような甘い香りが特徴。

日本酒初心者から上級者まで楽しめるラインナップで、贈り物にも喜ばれていますよ。

 

③AKABU  Limited

季節に合わせて醸される低アルコールでカジュアルな日本酒のシリーズ AKABU Limited。

季節限定酒のため、どれも売り切れ必至だということです。


・AKABU SAKURA(さくら) 春限定/3月頃発売

・AKABU AIR(エアー) 4月頃発売

・AKABU SEA(シー) 6月頃発売

・AKABU MOUNTAIN(マウンテン) 7月頃発売

・AKABU SNOW XMAS(スノークリスマス) 12月頃発売

・AKABU SNOW EXTRA(スノーエクストラ) 1月頃発売

・純米 夏霞(なつかすみ) 5月頃発売

・純米 ひやおろし 秋限定


④AKABU  Premium

 

酒米を贅沢に磨いた、純米大吟醸のプレミアムな日本酒のシリーズです。


・極上ノ斬(ごくじょうのきれ)

・魂ノ大業(たましいのおおわざ)


詳しいラインナップは、公式サイトに載っています。


AKABUラインナップ



「AKABU」の取扱店

「AKABU」は、少人数で酒造りを行っているため、蔵見学や直接販売は行われていません。

近くの特約販売店や、赤武の公式オンラインショップで購入できます。


AKABU」特約店


「AKABU」オンラインショップ



岩手の銘酒「AKABU」を飲んでみよう!

平均年齢が20代という、元気いっぱいの若手が醸す岩手の銘酒「AKABU」。

伝統の酒造りと新たな酒造りを融合し、新時代を担う酒造りをしています。

情熱と愛情あふれる岩手の銘酒を、ぜひ味わってください。

タグ: 銘柄紹介