日本酒一合の量はどのくらい?分解時間や健康的に楽しむコツも解説!

日本酒と肴で「毎日の晩酌が楽しみ」という方も多いでしょう。

しかし、日本酒一合の量や、分解までにかかる時間はあまり知られていません。

そこでこのコラムでは、

  • 日本酒一合の量
  • 「合」以外の日本酒の量を表す単位
  • 日本酒一合の分解時間
  • 日本酒を健康的に楽しむコツ

などをお伝えしていきます。

1日の適量がわかり、日本酒をより健康的に楽しめるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

日本酒一合はどのくらいの量なの?

「日本酒一合」とは良く聞くものの、実際にどのくらいの量なのか気になりますよね。

こちらでは、日本酒一合の量や、「合」以外の日本酒の量を表す単位についてご紹介します。

日本酒一合は180ml(ミリリットル)

日本酒一合は、180ml(ミリリットル)です。

180mlというと、ご家庭にあるコップ1杯分ほどにあたります。

「合」という単位は、お米を測る時にも使われますよね。

日本酒にとって、1番なじみがある単位は「合」ですが、ほかにも日本酒に使われる単位があるのです。

「合」以外にもある日本酒の単位

「合」も含めた日本酒に使われる単位について、以下の表でまとめました。


単位

読み

一勺

いっしゃく

18ミリリットル

一合

いちごう

180ミリリットル

一升

いっしょう

1.8リットル

一斗

いっと

18リットル

一石

いっこく

180リットル


1つずつ簡単にご説明します。

一勺(いっしゃく)

勺(しゃく)は、おちょこの容量を表す時に使われる単位。

家庭や居酒屋で一般的に使われているのは、二勺のおちょこです。

一合(いちごう)

合(ごう)は日本酒の代表的な単位です。

徳利(とっくり)によく使われる単位で、「一合徳利」「二合徳利」のように言われます。

一升(いっしょう)

升(しょう)は合の10倍を表す単位です。

お店や居酒屋などでも「一升瓶」でおなじみですよね。

一斗(いっと)

斗(と)は18リットルで、升の10倍、合の100倍です。

「一斗缶」などの表現がありますが、一般家庭で使われることはあまりないと言えます。

一石(いっこく)

石(こく)は、斗の10倍、合の1,000倍を表す単位です。

江戸時代に使われていた「加賀百万石」などの表現が有名ですが、現在では蔵元の日本酒生産量などに使用されています。

日本酒一合はおちょこで何杯くらい?

おちょこにはさまざまな容量がありますあ、二勺が一般的です。

二勺のおちょこであれば、日本酒一合は4〜5杯分となるでしょう。


日本酒一合は、おつまみを食べながら、ちょっと晩酌するのにちょうどいい量ですよね。

 

日本酒を一合飲んだ時の分解時間を解説!

「日本酒一合って酔うの?」という疑問や、「一合飲んだ時の分解時間が知りたい」とお考えだと思います。

そこで、日本酒一合に含まれるアルコール量や、日本酒一合はほかのお酒でどのくらいなのかを紹介していきます。

日本酒一合に含まれるアルコール量

日本酒一合には、約20gのアルコールが含まれています。

「20gのアルコール」といってもわかりにくいので、ほかのお酒と比較してみましょう。

日本酒一合はほかのお酒でどのくらい?

日本酒一合に含まれるアルコール量から、日本酒とほかのお酒を比較してみました。


お酒の種類(度数の目安)

アルコール量:20g

実際の量

日本酒(15%)

180ミリリットル

一合

ビール(5%)

500ミリリットル

中瓶1本

ワイン(15%)

180ミリリットル

グラス2杯程度

焼酎(25%)

110ミリリットル

グラス半分程度

ウイスキー(43%)

60ミリリットル

ダブル1杯


人によって異なりますが、日本酒一合は「ほろ酔い」するくらいの量であることがわかりますね。

日本酒一合の分解時間

日本酒を一合飲んだ時に、分解するまでにかかる時間は4〜5時間と言われています。

ただし、年齢や体質などによる個人差が大きいので、ご注意ください。

ちなみに、日本酒を二合飲んだ場合には、7時間ほど分解に必要となります。

次の日にお酒が残らないように、適度に楽しみましょう。

「和らぎ水」を日本酒と一緒に飲もう

和らぎ水とは、日本酒を飲んでいる時に飲む水のことです。

洋酒では、チェイサーと呼ばれています。

和らぎ水を適度に飲むことで口の中がさっぱりしますし、アルコールの吸収も穏やかになり気持ちよく酔えますよ。

チェイサーとは?意味と役割を知ってお酒の場をもっと楽しく!

日本酒を健康的に楽しもう

お酒は「百薬の長」とも言われますが、飲みすぎてしまっては健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

こちらでは、日本酒を健康的に楽しむために、日本酒の糖質量・カロリー・適量についてお伝えします。

日本酒一合の糖質量を把握しておこう

「糖質オフ」とよく聞かれるように、糖質量を把握しておくことは健康にとって大切です。

日本酒の糖質量と、ほかのお酒との糖質量を比較してみましょう。


お酒の種類

100ミリリットルあたりの糖質量(g)

日本酒(純米酒)

3.6

ビール

3.1

ワイン

1.5

焼酎

0

ウイスキー

0

※数値は目安です


上記の表だけ見ると、日本酒の糖質量が高いように感じますが、度数の関係もあって一概にそうとは言えません。

また、茶碗1杯分のごはん(150g)の糖質量は約55gですから、ここからも日本酒の糖質量が突出して高いとは言えませんよね。

日本酒一合のカロリーは?

健康面で気になるのは、やはりカロリーです。

糖質量と同じように、カロリーに関しても日本酒とほかのお酒を比較してみました。


お酒の種類

カロリー(kcal)

日本酒(純米酒・一合)

185

ビール(中ジョッキ・400ミリリットル)

160

ワイン(赤・125ミリリットル)

91

焼酎(ロック・90ミリリットル)

131

ウイスキー(ロック・30ミリリットル)

71

※数値は目安です

カロリーに関しても糖質量と同様に、日本酒が特別高いわけではないことがわかります。

日本酒の1日の適量は1合!

日本酒の1日の適量は、1合と言われています。

厚生労働省が推奨する、1日のアルコール摂取量は20gで、おおよそ日本酒一合分に相当します。

健康的にお酒を楽しむには、適量を守ることが大切ですよね。

 

まとめ

このコラムでは、日本酒一合の量や分解時間、健康的に楽しむコツなどをお伝えしてきました。

日本酒をいつまでもおいしく、健康的に楽しむには「日本酒は毎日一合」など、飲む量を決めておきましょう。

角打ち東京では、さまざまな日本酒を1合分パックに詰めた「ぽち酒」を販売しています。

「ぽち酒」なら量が決まっているので、飲みすぎることなく健康的に日本酒を楽しめますよ。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

角打ち東京の「ぽち酒」はこちらで購入できます>>

タグ: コラム

色々な日本酒取り揃えています